ホントの未公開物件知っていますか?

よく聞く「未公開物件」というフレーズ、 一言で言うと大手不動産情報サイトに掲載される前の物件のことを言います。
ではなぜ事業者は物件を公開しないのか。 様々な理由があります。

  • まだ古屋が建っていて、更地になってから公開しようと考えている物件(イメージがつきやすい)
  • 近隣の住民の方に、販売のあいさつ等が終わっていない物件
  • アパートに賃借人が住んでいる物件
  • 見学自体まだ厳重注意が必要な物件
  • 仕入れてはいるけどまだ企画が決まっていない物件
  • 販売するには早いけど、事業主としては早めに売れればいいなと思っている物件

これらのような物件が未公開となります。
ただ未公開物件にもランクが存在します。。。

未公開の中でもS級・A級物件
いかに収集していくかが、
良質な不動産購入の
一番のポイントになります。

  • S

    S級物件はA級の更に上をいく物件で、まだ事業主も買うかどうかの最終判断をしている物件だったり、とりあえず買ったけどまだ何の企画もしていない商品化すらされていなかったりする未公開”前”物件となります。このような物件はアドキャストから企画の提案もできるので、区割りを少し大きくして欲しいとか、少し小さくして欲しいと言った要望も反映する事も出来きたりする物件となります。

  • A

    A級物件は物件を見学する際に、こっそり見なければならない物件です。もう企画は決まっているけど、周辺の人にまだ販売のご挨拶もしていなかったり、賃借人がまだ住んでいたりするような物件です。こういう物件は情報 の希少性もさることながら、物件化しなくなるリスクもあり、事業主との関係性が強くないとなかなか紹介されない物件になります。

  • B

    いわゆる市場に出る直前の未公開です。例えば建売住宅で完成後に売主が一斉販売をかける予定で、1か月くらいで売却できなければ公開していこうと考えている物件とか、更地にしてから販売する現場で、まだ企画等も詳しく決まっていないから販売実績がある仲介業者にのみ依頼しておく。とか言った物件です。売主直売物件などもB級未公開と言えます。

  • C

    レインズといわれる不動産業者が誰でも見れるデータベースに載っていない物件ですが、多くの不動産業者が取り扱える情報のことです。
    レインズに載ってしまうとどうしても売れ残り感が出てしまうので、それまでは地域の不動産業者に販売を任せてそれでも売れない場合は公開していこうと考えている物件で、すでに企画も決まっていて、未公開とは言えほとんどの業者が取り扱える物件のことです。

なぜアドキャスト物件が集まるの

  • その1過去の取引実績

    アドキャストでは過去3,200件以上の契約を仲介しており、直近1年間では、700件超の契約を仲介し、実績が違います。

  • その2都内8店舗

    アドキャストは恵比寿、駒込、高円寺、中延、錦糸町、明大前、等々力、新宿の契約を仲介しており、都心エリアをすべてカバーしております。
    売主業者は物件を仕入れる際に、会社の近隣でしか仕入を行わないということはなく、東横線の業者が中央線の物件を仕入れることも多々あります。
    地元業者も知らない濃い情報がアドキャスト全社で共有されていますので、どこよりも多い未公開物件情報を持っています。

  • その3コンサルティング業務

    東京都内の広範囲において最前線で販売活動をしているアドキャストには、仕入れ業者からどのような広さの建物で、いくらくらいの価格帯なら売却できるのかという相談が、毎日多数寄せられており、建売事業のコンサル業務も行っております。

その結果

未公開物件取得数28,000(3年間合計) ※東京都内での未公開取得実績、1日あたり約25件の未公開情報が集まってきます。

ご契約頂いたお客様の実に60%以上が未公開物件でのご契約です。

安心安全な購入をサポートする為に

ライフプラン

将来のキャッシュフローから予算を考えて購入する。それが住宅購入の新しいスタンダードです!!

一般的な住宅購入

今の家賃が月15万円だから・・・
買う物件の月々支払いも15万円・・・

アドキャストの住宅購入

将来の教育費や生活資金まで考えて
安心して支払いできる物件予算を考える

実は、アドキャストでライフプランを行なったお客様の約80%の人が当初、想定していた物件でシミュレーションすると家計が破たんしてしまいます。
しかし、専門のファイナンシャルプランナーがサポートすることで80%以上は、家計の改善ができるのです!!
「どうすれば、安心な将来設計が立てられるか?」一緒に考えていきましょう。

物件調査

重要事項説明書というものをご存知ですか?
不動産売買契約の前に、宅地建物取引士から説明を受ける重要な書類のことです。
例えば、近所に変な人がいたり、その土地に水害履歴があったり、 町内のゴミ収集場所の位置など気になりませんか?
実は、この重要事項説明書には「住んでから気になること」が書かれていないのです。

アドキャストでは、物件調査報告書というものを作成し、物件の最終判断に活用してもらっています。
実際に、アドキャストのスタッフが近所の方に直接聞き込みに行ったり、役所などへ行ったりして「住んでから気になること」をおまとめして、お客様にご報告します。

このように、ただ物件を仲介するだけではなく、
お客様が安心して末永くその物件に住み続けていただくことを目的にしているのです。

アドキャストの会員登録をすると・・・

  • 特典01豊富な未公開物件をご紹介致します
  • 特典02希望条件新規未公開物件をいち早くメールでお知らせ
  • 特典03本プレゼント「わかる!使える!住宅購入塾」
  • 特典04無料でライフプランシュミレーションを行えます