住宅診断 Home inspection

住宅診断(ホームインスペクション)とは
住宅に欠陥や劣化、修繕の必要な箇所があるかを専門家が確認する作業のことです。
建物が現在、どのような状態であるかを把握することができます。

住宅診断でわかることは3つです。
① 建物に瑕疵(欠陥)はないか?
② ゆくゆく修繕にお金がかかりそうな箇所はあるか?
③ いくらくらいかかるのか?

アドキャストの住宅診断(ホームインスペクション)は、
利害関係のない建築・設備を専門とする外部企業に委託することによって、中立的な立場、また、専門家の立場から、あなたのご希望の物件を診断いたします。
ご確認は、申し込み後、かつ契約前に行うのが適切です。

中古住宅の取引時での説明の義務化について

2018年4 月から、中古住宅取引の際に住宅診断(ホームインスペクション)の説明が義務化されました。中古住宅の媒介契約時、売買契約前の重要事項説明を行う時に、この住宅が住宅診断(ホームインスペクション)を受けた履歴や、今後実施するかどうかを確認する必要があります。
当社では、国の定めた診断項目以上の診断を行っています。

住宅診断を受けるメリット

  • 「欠陥住宅」や「トラブルになりそうな住宅」の購入リスクを回避できます
  • 専門家の知識・経験に基づく、プロの立場で見た報告・アドバイスを受けられます
  • 建物の意匠、構造、設備など、建物の本質的な性能がわかります

主な検査項目

  • レーザーによる不陸確認
  • 床下点検口、天井点検口
  • 外壁塗装状態
  • 建具調整
  • UB、トイレの排水状態
  • キッチン給排水状態
  • 排水桝状態
  • 仕上げ材の状態確認
    (フローリング、クロス)
  • バルコニー防水状態

住宅診断に使用する機器類

  • レーザー墨出し機
    主に壁・建具の立ち(垂直)を見る 際に使用します。また、床の浮き・膨れの測定にも使用します。
  • 簡易墨出し機
    狭くレーザー墨出し機が入らない場所や、簡易的に水平・垂直を計りたい時に使用します。
  • デジタル探知機
    壁の裏の鉄筋、金属管、電線や柱などを探知するための機械です。
  • モイスチャーメーター
    木造住宅の躯体など、木材の水分含有率を調べるための機械です。
  • 高性能サーモカメラ
    内部の温度差を可視化し、雨漏りや漏水箇所を特定します。
  • 懐中電灯
    床下・天井裏など広範囲を照らせるよう、出力が高く明るいものを使用しています。
  • 水平器
    主に建具や、床の水平を見るために使います。
  • 勾配計
    建具や壁、電源口などがきちんと水平に取り付けられているかを測定する機器です。
  • シュミットハンマー
    主にコンクリートの圧縮強度を測定するための機器です。

その他検査種目

    • 床面レーザー測定
    (設備)
    • 縦樋
    • 掃除口
    • メーター類取付状況
    • 配管配線取出し状況
    • 機器類設置状況
    (設備)
    • 葺材の状況(目視で確認)
    • アンテナ等取付状況
    • 棟換気
    • 軒樋
    (軒裏)
    • 矢切軒の出
    • 換気口
    • 風雨吹き方
    • 苔有無
  • (外壁)
    • 白華
    • シール状況
    (床)
    • 仕上ドア
    • 沓摺
    • 浮き
    • 膨れ
    • 鳴り
    • 枠との隙間
    • 巾木との隙間
    (壁)
    • クロス継ぎ目
    • 入隅膨れ
    • クロス破損状況
    • 下地不良
    • 枠との隙間
    • 巾木との隙間
  • (天井)
    • クロス継ぎ目
    • 入隅膨れ
    • クロス破損状況
    • 下地不良
    • 梁形納まり
    • 廻り縁との隙間
    (下駄箱)
    • 面材の傷
    • 破損
    • 内部傷
    • 破損
    • 丁番取付状況
    • 戸当り
    • 棚可動状態

    など

専門機材を用いて、ひと部屋ひと部屋丁寧に確認いたします。
(その為、調査時間はおよそ3時間以上かかる場合がございます)

専門機材を用いて、ひと部屋ひと部屋丁寧に確認いたします。(その為、調査時間はおよそ3時間以上かかる場合がございます)

住宅診断(ホームインスペクション) 110,000円(税込)

診断価格:110,000円が今なら、サポートパック加入で、33,000円

※国土交通省が指定する、建物状況調査書とは違うものになります。

住宅診断(ホームインスペクション)お申込みの流れ

  1. STEP01

    ご予約

    お問い合わせフォームより、お問い合わせ項目の「住宅診断(ホームインスペクション)」を選んで必要情報を入力してください。

  2. STEP02

    ご予約の確認

    弊社担当スタッフより折り返しご連絡し、確定日時をご案内いたします。

  3. STEP03

    住宅診断(ホームインスペクション)実施当日

    お客様に診断のご依頼いただいた物件へお伺いし診断開始いたします。知りたいことや不安なこと、なんでもご相談ください!

住宅診断(ホームインスペクション)実施当日の流れ

STEP01

リビング・キッチン

重点的に見るべきところなどをお施主さまと一緒に見ていきます。
キッチン周りでは、水が飛び散ることが多いので、フローリングのコーティングは必須です。配管周り、漏水がないかどうか等水回りの部分を重点的に、キッチン回りを念入りにチェックします。

STEP02

バスルーム・洗面

バスルーム・洗面など水まわりは、トラブルが多くなりがちです。床下やバスタブの中、天井裏も診断致します。 左の写真はバスタブ下の配管を診断しています。詰まりの原因となる無理な取り回し、ねじれなどが無いかをしっかりと確認いたします。ホースのジョイント部(ヘッダー・チーズと言います。)は水漏れの原因になりやすいので、しっかりとした点検が必要です。

STEP03

寝室など

各居室を診断いたします。床の膨れや凹みは、1m毎に3mmの高低差は許容されています。それ以上になると、傾きを人体が感じられるため注意が必要です。電源口などが図面通りの高さや位置に設置されているかなども念入りに確認します。

STEP04

その他

バルコニーやプレーカー等、様々な箇所をご説明をしながら診断を行なっていきます。診断士とお部屋を一緒に診断をすると、建物の構造的な疑問が必ず出てきます。遠慮せず診断士に質問をして下さい!引き渡し後の安心のためしっかりと説明させていただきます。

ぜひ、当社の住宅診断にお申し込みを!

住宅診断を依頼するchevron_right